頭痛外来を受診してきたよ!MRI検査をした体験談。

偏頭痛に悩んでいるジャネットです!

定期的に頭痛がすることに悩んでいたので、頭痛外来を受診してMRI検査をしてきました。

結果は「偏頭痛」という診断でした。MRI検査のおかげで脳には異常がないことが分かり、安心できたので、体験記を書いています。

スポンサーリンク

頭痛外来を受診した経緯

わたしはピルを服用しています。頭痛の種類によってはピルを服用してはいけません。いちど診てもらったほうがいいと、ピルクリニックから言われていました。

去年の夏は頭痛で吐き気が起こり、会社を休みがちになりました。来週から新しい仕事が始まります。入社してすぐに休みたくないので、診断してもらい安心して入社したいと思ったのです。

そんなときに「頭痛外来」があるということを知りました。

大阪の頭痛外来を探した

「頭痛外来 大阪」で検索結果の上位に出てきた、こちらに行くことにしました。

ホームページから安心感を感じたのと、クリニックにMRI検査ができる設備があることが決め手になりました。

『たかせクリニック』(大阪 弁天町)

http://takase-clinic.jp/

MRI検査をするときの服装

先生の診察の後、脳のMRI検査をすることになりました。たかせクリニックにはMRI検査の設備があるので、すぐに検査ができました。

金属類を身に着けているのはダメなので、すべて外すように指示があります。着替え用のガウンも用意がありました。

検査中は大きな音がするので耳栓をするように言われます。耳栓をしても大きな音が聞こえていました。耳栓はしっかりと装着しましょう!

MRI検査中の流れ

横になってMRIの中に入っていきます。頭が真っ暗で狭いトンネルの中を入っていく感じです。

何かあったらスタッフが駆けつけてくれる、ナースコールのようなものを渡してもらいます。毛布が用意されていたので暖かくてよかったです!

わたしは軽度の閉所恐怖症なので心配していました。気をまぎらわすように、小さい頃に父と遊んだ記憶を思い出していました。しばらくすると、狭さに慣れて気にならなくなりました。

検査をしている間は大きな音がいろんなパターンで聞こえてきます。時間は15~20分と聞いていましたが、気をまぎらわしたおかげで短く感じました。

MRI検査をした結果

しばらく待つと検査結果がでるので先生から説明があります。

幸い脳に異常はなく偏頭痛という診断でした。脳に異常がないと分かって安心した瞬間、検査をしてよかったと思いました。

偏頭痛は原因の特定が難しいそうです。寝過ぎても偏頭痛が起こるという説もあるし、気候の変化で痛くなることもあるそうです。

偏頭痛の痛み止めを処方されました(院外処方)。さっそく飲んだところ、よく効いています。

気になる費用はいくらなのか

費用は3割負担で7000円弱でした。7000円弱で脳に異常がないことが分かり、安心して仕事に集中できると思うと高くはない値段と感じました。

人間ドックで検査として受けるには保険適用外で高額になります。3割負担で検査ができる機会に、MRI検査してもらってよかったです。

おわりに

「頭痛日記」をつけてみるといいと友人から言われました。自分がどういう状況で偏頭痛が起こるのか見えてくるかもしれません。やってみようと思います!

派遣やフリーランス、自営業の人は体調不良で1日休むと売上が減って機会損失になります。「体は資本」とよく言いますが、本当にその通りだなと実感しています。これまで異常に健康管理と食事に気をつかっていきたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする