日本三景の天橋立へ観光列車あかまつで行ってきた!おすすめスポットを写真とともに紹介するよ。

2016年のゴールデンウィークに日本三景の天橋立へ行ってきました。わたしは観光列車が大好きです。天橋立まで「丹後あかまつ号」に乗って行くことにしました。

天橋立のおすすめスポットやグルメを写真とともに紹介します。

スポンサーリンク

丹後あかまつ号で天橋立へアクセス

丹後あかまつ号は京都府北部の西舞鶴から出発する予約制の観光列車です。海岸沿いから海の景色を眺めながら天橋立へアクセスできますよ。

引用:『京都丹後鉄道 あかまつ号』

「海の京都」鉄道の旅。観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」のスペシャルWEBサイトです。

こちらから予約ができます。わたしは前日に思いついて予約したのですが、すでに残席わずかで、その後すぐに売り切れていました。連休は早めの予約がおすすめです。

西舞鶴駅で整理券を受け取ります。

あかまつ号です。さっそく乗ってみましょう!

車内はソファー席、カウンター席などさまざまなタイプがあります。トイレもあるので安心です。

目当ての席に座れました。早めに行って並びましたがすぐに埋まっていました。海の景色が見える側の席は人気があります。

海のすぐ側を走っていきます。癒されます!

車内販売でおやつを買いました。景色を見ながらカフェタイムです。

橋が回転するのが珍しい「廻旋橋」

天橋立の代表的なスポットといえば廻旋橋(かいせんきょう)があります。船が通るたびに橋が90度旋回する珍しい橋です。天橋立の駅を出てから徒歩ですぐに着きます。

通常はこんな感じ。

旋回してます!

船が通り抜けました。一日に何度か旋回するので、ぜひ見てみてくださいね。

股のぞきで有名な「傘松公園」

この眺めは傘松公園の展望台から見ることができます。「股のぞき」で有名なスポットですね。

廻旋橋から傘松公園へは天橋立を歩いていけますが距離があります。わたしは船に乗っていきました。レンタサイクルもあるので天橋立を自転車で走るのも気持ち良さそうですね!

ふもとから傘松公園までケーブルカーで移動します。帰りのリフトは天橋立の景色がよく見えますね。

傘松公園展望台では景色を楽しんだり、レストラン、お土産屋さんもあります。天橋立を上から眺めたい人におすすめのスポットです。

天橋立のグルメ情報

廻旋橋の近くで食べた海鮮丼。具沢山でテンションが上がります。

目の前で焼いてくれるちくわ。とても大きいです。味が濃くて美味しい!

天橋立名物の「知恵の餅」。あんこの中にふわふわの餅が入っていて、しつこくない甘さで美味しいです。店内で食べられるお店もあります。わたしは天橋立に来たら絶対買います。

レストランや、お土産屋さんなどお店がいっぱいあります。

まとめ

日本三景を言われる天橋立は美しい景色が見られます。観光スポットをめぐったり、レストラン、お土産屋さんも多いので温泉地を観光するような雰囲気で1日楽しめます。

わたしは京都府北部の生まれなので天橋立は、小さいときによく連れていってもらいました。ちょっと近所に遊びに行く感覚でしたが、あらためて行ってみると良い場所だと感じました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする