人生はエンターテインメント

会社に依存しないOLの自由な生きざま。

ブログを継続するための方法を考えてみた

まだ初めて間もないですが、ブログを継続したい考えています。これまで何度か書いてはやめるを繰り返しました。

いつかは書けるようになりたいと思い、成果を出しているブログを読んだりして研究を続けて情報収集していました。

今後も続けていくうえでブログ初心者が挫折しないために、わたしがやっている方法をまとめます!

f:id:janet3:20170304005408j:plain

これまで挫折してしまったのか考えた

LINEのタイムラインへの投稿はずっと続けていました。500記事を投稿したあたりで、「こんなに続けているなんで、書くのが好きなのかな?」と思いました。でもブログを書こうとするとうまくいかない。

なぜなら検索に強いブログにするには最低でも1000文字の情報量が必要といわれています。それに対してラインで書いていたのは200~500文字。1000文字もの文章をどうやって書いたらいいのかわからなかったのです。

1000文字書くためにやってみたこと

日常の中で「このネタ書いたらおもしろいんじゃないか」「わたしのこの考えを世の中に発信したい!」それをスマホでメモしておくことにしました。

イデアは突然湧き上がってくるので、文章の綺麗は気にせずにばーっと勢いで書いていくのがポイントです。

特に感情は「ナマモノ」なのでその瞬間に思ったことと、後で思い出して書くのとでは、文章から伝わる熱量が違います。熱量のある文章は読者の感情を動かします。

メモを編集する。発展させて書く

自宅に戻ったらメモの中から書きたい記事を選んで、パソコンで肉付けして編集していきます。

メモの時点で200~500文字くらいは書いてあるので、残りの500~800文字を発展させて書くだけです。

メモは手書きでなくスマホで入力しておくと、編集段階での入力を減らせて楽になります。疲れている時でも文字量が多いメモや書きやすいネタを選ぶと短時間で書くことができます。

同じような内容のメモは合体させておくと、1記事くらいの文章量になっていることもあります。

ちなみに、メモはさっとメモができる・動作が軽い・スマホとパソコンで共有できるの条件を満たすものを探してGoogle keep』を使っています

https://keep.google.com/

ネタがないから書けなくなる

今日は書こうと机に座っても、ネタがないと「ネタを考える」「文章を書く」の作業が必要なんですね。時間もかかるし続かなくなってしまいます。

わたしのメモには現在で30個のネタがストックされています。あと1ヶ月ぶんはあります。毎日アイデアが沸いてくるので、これからも増えていくでしょう。

この中から今日はどれにしようかと選んで書くことに集中するだけにしたら、1000文字を書けるようになりました!

継続を切らさないようにする

一般的にブログは最初はほとんど見てもらえなくて、100ほど記事のストックがたまった頃からアクセスが増えるといわれています。

あれやこれやと調べながら記事を書いているのでまだ遅いですが、慣れたらスピードアップするので、2~3記事は書いていきたいですね。

やる気がでなくても机に座ると書けるようになる

全然やる気がなかったのに作業を始めてみたら、意外にはかどったことはありませんか?わたしはだいたい、書きたくて書きたくてしょうがない!ということはありません。

机に座って書いていると、気づいたら集中モードに入っています。勝手に手が動いて集中モードに入るくらい習慣にしてしまうのがポイントです。

おわりに

ブログもとりあえず世に出すことが大事です。完璧に書いたつもりでも投稿してみてスマホで見たら見にくかったり修正したり、あとから思いついて追記しているからです。完璧な文章なんてないってこと。

上手な文章になるまで下書きのままの文章で終わるのはもったいないです。。常に改善点は見つかるし、これ以上改善できないなんてことはない。どうしたらもっと良くなるかを考えるから。

実際に書いている中で「ここはどう書いたらいいんだろう」と、より詳しくブログを見る→それを取り入れて書くの流れをするようになりました。記事を書きまくることが上達の近道だと思います。