人生はエンターテインメント

会社に依存しないOLの自由な生きざま。

お花見は嵐山で桜を見てきたよ!天龍寺&トロッコ列車で散策。

今年のお花見は京都の嵐山に行くことにしました。世界遺産天龍寺の庭園を見てみたかったのです。トロッコ列車も嵐山から近いので乗ってきました。

嵐山は京都らしい雰囲気で、人気のスポット渡月橋があります。美しい桜を見ながらのんびり散策をして1日遊べました。嵐山の観光情報をお伝えします!

f:id:janet3:20170629020220j:plain

嵐山へのアクセス

2017年4月6日(木)に嵐山へ行きました。

最寄駅は、JR『嵯峨嵐山駅』、阪急『嵐山駅』、京福電鉄『嵐山駅』の3つあります。

わたしは大阪から阪急線で行きました。

f:id:janet3:20170629020035j:plain

阪急嵐山駅に到着です。京都らしい和風の駅です。

 

f:id:janet3:20170629015941j:plain

さっそく桜が咲いています。

有名スポットの渡月橋を渡る

f:id:janet3:20170629015808j:plain

有名な渡月橋です。けっこう長いので驚きました。週末は観光客で混雑しそうですね!

 

f:id:janet3:20170629015758j:plain

渡月橋の上からの眺め。山に咲いている桜が綺麗です。

世界遺産天龍寺

渡月橋を渡って5~10分歩くと天龍寺へ到着です。庭園への入場料500円(高校生以上)を入って中に入ります。

f:id:janet3:20170629020205j:plain f:id:janet3:20170629020153j:plain

庭園全体はそれほど広くないのですが、坂になっている所もあります。歩きやすい靴がおすすめです。

 

f:id:janet3:20170629015949j:plain

ピンク色の桜が可愛いです。週末がピークになりそうですね。紅葉の季節の庭園も人気です。秋にまた来たいです!

 

天龍寺 公式ホームページ』

http://www.tenryuji.com/

 

天龍寺からトロッコ嵯峨駅

トロッコ列車に乗るために『トロッコ嵯峨駅』へ歩きます。JR『嵯峨嵐山駅』の隣にありました。

トロッコ嵐山駅』も近いですが、『トロッコ嵯峨駅』は始発駅となっていて、より長く景色を楽しめます。

 

f:id:janet3:20170629020212j:plain

列車は1時間に1本でています。待ち時間がありますが、時間ぎりぎりに買いにいくと満席になることがあります。

先にチケットを買っておきましょう。乗車区間にかかわらず一律620円(大人)です。

 

f:id:janet3:20170629015856j:plain f:id:janet3:20170629015908j:plain

待合室ではSLが3台ならんでいました。かっこいいですねー!

いつか乗ってみたいです。残念ながら中に入ることはできませんでした…。

トロッコ列車から保津川の景色を楽しむ

f:id:janet3:20170629020110j:plain f:id:janet3:20170629020123j:plain

トロッコ列車に乗ります。満席で立っている人もいました。

 

f:id:janet3:20170629020132j:plain

5号車(リッチ号)だけは開放的な座席になっています。

風が気持ちよさそうですね。いつか乗ってみたいです!

 

f:id:janet3:20170629015914j:plain

トロッコ亀岡駅まで約25分。保津川の景色を楽しめました。

保津川を船で下っていく『保津川下り』もやってみたいですね!

 

嵯峨野トロッコ列車』ホームページ

https://www.sagano-kanko.co.jp/

 

屋台もたくさん出店

f:id:janet3:20170629020028j:plain f:id:janet3:20170629015832j:plain f:id:janet3:20170629015844j:plain

屋台もたくさん。目移りしちゃいます!

 

f:id:janet3:20170629020051j:plain

桜を見ながらぶらぶらお土産を見るのも楽しいですね。

まとめ

嵐山には人気のスポット渡月橋天龍寺トロッコ列車があって、桜を見ながら散策を楽しめます。京都の風情を感じられるスポットです。また行きたいと感じました。

外国人の観光客が多く、桜の撮影を楽しむ方も多かったです。日本の文化に興味を持ってもらえるのは嬉しいですね。

観光地なのに街が全体的に美しいのは、裏で努力をされているからです。美しい街を保っていきたいという、人々の気持ちが素晴らしいです。

(※この記事は2017年4月8日時点の情報です。最新の情報は、公式ホームページでご確認をおすめします。)