人生はエンターテインメント

会社に依存しないOLの自由な生きざま。

派遣で紹介が途切れない人になるには、スキルアップできる仕事を選ぶこと。

来週から新しい派遣先で働くことになりました。

わたしは経理の正社員で5年勤めた後、プライベートを大切にできる派遣社員という働き方を選んでいます。

世間では派遣35歳定年説とか言われていますが、40代や50代でも派遣で働いている人はいます。将来的に仕事がなくならないように気をつけていることがあります。

それは、新しい仕事に挑戦できてスキルアップできる仕事を選ぶこと。

派遣は自分のスキルや経験の切り売り

同じ職場で働ける期間に限りがある派遣は将来の成長に期待する採用ができないため、これまでどんな経験をしてきてどんなスキルがあるのかという即戦力が求められます。

派遣はもともと仕事の内容が決められています。派遣先は契約にない仕事を派遣社員にさせることはできません。そのため、現在のスキルを切り売りするだけの状態になってしまいます。

一般事務などの簡単な作業は使いやすい若い人を求める企業がほとんどです。年齢が上がるとともに案件は減っていきます。

年齢に見合ったスキルや幅広い仕事の経験がなければ、紹介がなくなるでしょう。

新しい仕事に挑戦できる派遣先を選ぶ

現在の経験を活かしながら、新しい仕事にも挑戦できる派遣先を選ぶようにしています。まったく経験のない異業種への挑戦はきびしいです。現在の経験を活かしたうえで、少し経験が足りない仕事への挑戦なら採用されます。

わたしは正社員時代に中小企業で日常経理、月次決算、年次決算補助、給与計算までは経験していました。上場企業の連結決算へ挑戦できたら強みになります。

給与計算をしていたので、社会保険手続きや年末調整へ仕事の幅を広げられると、紹介される案件がもっと増えます。

次の派遣先を選んだ理由と得られるスキル

グループ会社がたくさんある会社で1~2社の経理をまかせてもらうことになりました。月次決算、年次決算、申告書の作成までを担当します。

申告書の作成は未経験なので、スキルアップになりそうです。上場企業の連結決算や、会計事務所の案件へと広がっていきそうですね。

希望条件どおりの仕事が見つかるのか不安になったときもありましたが、スキルアップできる仕事という条件は妥協しませんでした。妥協しなくてよかったです!

派遣会社と信頼関係を築いておく

派遣でずっとやっていきたいと決めてから、派遣会社と一生付き合うつもりで、良い関係を築いておくことが大事だと考えるようになりました。

コミュニケーションがとれて感じの良い人が、優先的に派遣先に紹介されるからです。派遣会社にとってのお客様は、入金してくれる派遣先の企業です。「派遣先から評価が高くてトラブルを起こさない人」を紹介したいはずです。

前職の派遣会社と同じ派遣会社で仕事が決まったのですが、前職で問題がなかったから良い案件を紹介してもらえたのかなと感じます。就業状況は社内で共有されていますし、前職の担当者からの評判も伝わるのではないかと推測しています。

今回は縁がなかった派遣会社にも、次はお世話になるかもしれません。1社だけと取引するより、数社と信頼関係を築いているほうが仕事が見つかりやすく、リスクの分散になります。

定期的に連絡があるときには丁寧に状況を説明して、信頼関係を築いていこうと思いました。